【フリーランス失敗談】月収15万円になったけど月収10万円に戻した話。

ねね

こんにちわ。フリーランスママのねね(@nene__hot)です。

月収10万円からさらなる高みを目指そう!と活動し、2週間ほどで月収15万円に達したのですが、

ねね

あ、これじゃない。間違えた。

と後悔し、月収10万円ベースに戻したお話をします。THE・失敗談⭐

⬇在宅ワークを本格的に始めてから半年ほどで月収10万円に達した話はこちら⬇

在宅ワークママが月10万円を稼ぐために実践した4つのこと

月収10万円以上を目指して取り組んだ3つのこと

ねね

まずは3つのことに取組みました⭐

1.開業届を出して屋号を取得した

個人事業主として活動するのに、開業届は必ず提出しなくてはいけないというものでもなく、提出しなかったとしても罰則等はありません。開業届を出すと確定申告が青色申告で出来る等のメリットはありますが、私が重視したのはそこではありません。

なぜ、開業届を出したのか。それは、

ねね

屋号を取得して、企業に営業活動をかけたかったから

です。あなたが企業の担当者だったら、どちらの話を聞きますか?⬇

営業電話A

個人で活動しております、羊田ねねと申します。私は…

営業電話B

シープネネの羊田と申します。私は…

このニュアンスの違い、わかりますか?どちらの方が信頼度が高いのかと考えたときに、私は圧倒的に黄色の羊さんのお話だと思います。

屋号があれば、圧倒的に信頼性が高まります。

メールの署名部分や名刺・Webサイトのデザイン等も屋号があれば統一感をもたせて作成でき、その統一感が信頼感へと繋がるのです。

ですので私は企業に営業活動をかけるために、まずは屋号を取得しました😄

2.仕事用Webサイトを立ち上げた

ねね

Webサイトも、企業からの信頼性を高めるために作成しました

私はこちらのブログも自分で作成していますし、Illustrator等のデザインソフトも持ち合わせていたので、全部自分1人で仕事用Webサイトを立ち上げました。

とはいえ、素人が作ったものなので、粗は目立ちますが、自分を売るのに「何も無い」状態を避けたかったのです。

3.企業に営業をかけ、反応があった企業に訪問した

屋号を作成し、その後ロゴ・Webサイト・名刺を作成しながら、お客様先になりそうな企業をリストアップし、営業メールを送りました。※私はもともと営業職だったので、このあたりの動きは得意な分野です。

営業「メール」に反応なんてないだろう…と思っていたら、なんとなんと、たくさん反応を頂けました!

ねね

やってみるもんですね

私は自身の営業としての経験から、

まず「メール」に返信なんてない、「電話」を100件かけて1件アポ取れればラッキー

くらいに思っていたので、予想以上の反応で驚き、喜び、舞い上がりました。

そう、舞い上がっちゃったんですねぇ…。

反応を頂いた企業様には直接訪問させて頂いて、打ち合わせをしました。そしてトントンと話が進み、ありがたいことに、お仕事を発注して頂けることになりました。

あっという間に月収15万円になり、得たもの

月収10万円よりさらなる高みを目指して活動しはじめてから約2週間ほどでしょうか。あっという間に月収15万円は確定して、もっと目指せそうだなというところまで動きました。

ねね

月収15万円になり、私が得たものはこちら
  1. 「さらなる高み」という目標を達成できた喜び
  2. まだまだ目指せるんじゃないかという高揚感
  3. 収入がアップ=お金をたくさん手にできた

在宅ワークベースで、月収10万円以上なんて無理じゃないかと思っていたのですが、早々に月収15万円に手が届き、とにかく目標を達成できた喜びは大きかったです。それも、完全に自分1人で動き、掴み取った仕事だったので、やりがいをとても感じました。

そして、自分はまだまだ上を目指せるんじゃないか?もっとこうしたらどんどん自分自身のスキルアップになり、収入もアップするんじゃないか?と色々とアイデアが思い浮かびそれはそれは楽しかったです。

あっという間に月収15万円になり、失ったもの

ねね

月収15万円になり、私が失ったものはこちら
  1. 心の余裕
  2. 完全なる休日
  3. 子供に優しく接する、聖母のような気持ち

自分で掴み取った仕事はやりがいがあり、とても楽しかったです。それはそれはもう楽しかった。

でも、「納期」がある仕事だったので、やはり「時間に追われる」ことになりました。

お客様とやり取りをしていく中で、なかなかお返事がもらえなかったり、校了(OK)がもらえなかったりするとどんどん焦っていき、「心の余裕」がなくなってしまいました。

土日は完全に休む!と決めていたのに、お客様からメールが入っていないかな?と気になったり、メールが入っているとすぐに返信したくなったり。

そんな生活を送っていくと、少しずづ子供に接する余裕もなくなってきたんですよね。お客様に早く返信しなきゃ!と焦り、子供に対して、

ねね

ちょっと待ってて!

ということが多くなりました。そして…

ねね

あ、これ、違うわ。

と気づいたのです。私のしたかった生活はこんなカタチではなかったはず。

「私」はどんな働き方をしたいのか?

きっと私が独身で、個人事業主として働いていたら、どんどん前述したやり方で仕事をとっていって、固定客を掴み、そしてさらなる高みを目指していたと思います。独立したら絶対「過渡期」はあって、過渡期には休日がほしいとか、夜はゆっくり休みたいとか言ってられないんだろうと思っています。

でも、私は「母」です。

私には夕時にはお腹をすかせて待っている子供たちがいるし、夜寝るときには絵本を読んでもらいたいと心待ちにしている子どもたちがいます。

今の私には、自分の成長よりも「子供」を育てていく方が大事。子供との時間が大事です。

だから、少なくとも前述したような働き方をしてはだめだと思いました。そんなこと、わかりきっていたはずなのに…。いざ仕事を貰えると、

ねね

舞い上がっちゃったんですねぇ…笑

独身のときのような働き方ができて楽しかったんですよ、正直。でもすべての仕事に一旦区切りをつけて、立ち止まって考えてみると、私にはもっと私に合った働き方があるはずだ、と思いました。

なので、色々とお請けしていた仕事をすべてやり終えた後、積極的に営業活動をすることを控えるようにして、今までしていた月収10万円の仕事をベースに、無理なく、働いていくことにしました。

それぞれの「自分」に合った働き方を選ぼう

働き方は色々ありますよね、ほんと。SNSを見ていたら、フリーランスでばりばり働いている人がたくさんいて。かっこいいなと思い、憧れ、嫉妬します。←正直でしょ笑

でも、「私」には「私の生活スタイル」があって、「私の生き方」がある。

だから、「私の生き方」に合う仕事の仕方を探していこうと思います。それは、「月収10万円にとどめる仕事の仕方」ではなく、「外出しない仕事」でもなく。きっと私だからこそできる、仕事の仕方があるはずだと思います。だから私はそれを見つけるまでもがく…!!頑張るのだーーー!!

このブログを見てくれている人はママさんが多いと思います。

あなたはどんな「生き方」を選んでいますか?

⬇未経験ライターママがライティングで在宅ワークを始めたお話はこちら⬇

ライティング未経験のママが、フリーランスでライターやりはじめてわかった6つのこと

⬇未経験ライターママが在宅時給のお仕事を始めたお話はこちら⬇

在宅で時給で働けるって知ってた?方法教えます♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください